読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

au損保の自転車保険に加入した

初めて強制的に加入させられる保険以外の保険に加入した。
それも自転車保険。
私は保険は嫌いなので、できるだけ入らないようにしている。

近頃、関西では各自治体で自転車保険義務化が進めてられていて、兵庫県大阪府滋賀県で条例施行済み。
京都市でも一昨日条例案が可決されたらしい。

これらの条例は住民票とは関係なく、自転車利用者が対象になっている(今のところ罰則はない)。
ロングライドする奈良県民なら、大阪や京都方面に抜けることもあるわけで、他人事ではない。
憧れのビワイチ(琵琶湖一周)もアワイチ(淡路島一周)も義務化されている自治体だし。
それに将来ブルベに参加したいなら自転車保険への加入は必要になる。
なにより、気をつけて運転しても事故は起きるし、ロードバイクはかなりスピードが出る乗り物なので、個人賠償責任保険(事故の加害者になった際の賠償の保険)には入っておこうと判断した。

で、いろいろ調べてみると、自転車保険にもいくつかパターンがあるらしい。

1つ目はクレジットカードに付帯するパターン。
安価らしいが、今持っているクレジットカードにはないし、新しくクレジットカードを作る信用力はない。
あとブルベ非対応だったり、示談交渉の代行サービスがないものが多いようで、却下。

2つ目は自動車保険の特約。
料金はお安いし、内容もいいみたいだけど、私は自動車保険自体に用がないので却下。

3つ目が自転車に特化した保険。
安いのだと朝日火災の「ラクラク Webサイクルアシスト」なら1年1,620円で加入できる。 賠償責任一億円、示談交渉の代行サービスもついてるので、自転車保険義務化されたからとりあえず入っときたいとか、最低限の備えをできるだけ安くしたいってことならこれで十分だと思う。
怪我の補償は小さいけど、公的医療保険があるし、最低限の備えという意味ではあまり気にしなくていいと思う。

でも結局私が加入したのは、au損保の「自転車向け保険 Bycle」のブロンズ。
なんでこれにしたかというと、ブルベでの事故も補償の対象になるとはっきりと明言していること。
そしてなによりロードサービスに魅力を感じたこと。

このロードサービスは呼んでも来るのが遅いらしい。
だが、ロングライド中、近くに駅も自転車屋もないようなところでロードバイクが走行不能になったら?
来るのが遅かろうとロードサービスに頼りたくなると思う。

しかしこの保険は正直ちょっと高い。
保険料が高い分、保険金も充実しているのでコスパは悪くないのだが、私は怪我の補償や死亡保険を重視していないので高く感じてしまう。
怪我の補償を抑えて保険料を下げたプランがあればいいのになぁ。

とはいえ月々370円で一億円の賠償責任と年4回までのロードサービスを準備しておくことは、自転車ナビタイムに月500円払うことよりは優先したほうがよさそうだ。

無神論グループ「ふかち会」の立ち上げ報告と理由

無神論・不可知論者のグループ「ふかち会」を立ち上げました。
誰かに相談して立ち上げたわけではないので、今のところ会員は0人です。
このまま会員が増えなければ、静かに消そうと思います。
会員0人なら自分のTwitterで発言した方が影響力があるので。
よかったら無料会員登録Twitterのフォローをお願いします。

で、なんでこんなグループを作ったかというと、「日本に宗教を批判するような無神論者グループが存在しないのは危険じゃないか」と思ったから。
米国ではリチャード・ドーキンスのような戦闘的無神論者の影響もあって、宗教に批判的な無神論者グループがあるんだけど、日本ではあまりそういった話を聞かない。
それは米国と日本の状況の違いが大きな理由だと思う。

米国では無神論者は圧倒的多数派である有神論者から迫害を受けてきた歴史がある。
キリスト教は政治に強い影響力があるし、政治の側も宗教団体のご機嫌を取ろうとする。
ID説のようなニセ科学を教育に持ち込もうとして騒ぎを起こす。
米国の無神論者はこういった宗教からの攻撃に対抗する必要があった。

それに比べれば日本の宗教は大人しい。
一部危険な思想を持った宗教団体もあるが少数派。
日本は無神論者が多い国なのだ。
日本の宗教団体が公式発表している信者数を足したら日本の人口を超えるけど、それは置いておくとして。
有神論なしに積極的無神論は生まれないので、宗教がおとなしいと無神論者も大人しいのだ。

しかし、日本に宗教問題がないわけではない。
たとえばカルト宗教問題。
エホバの証人創価学会親鸞会のような宗教団体による宗教勧誘や多額の献金の要求や人権侵害が問題になっている。

世界共通の問題としては、子どもの信仰の自由の問題がある。
親が宗教を信仰しているからといって、子どもがその宗教に入れられたり、小さい頃から宗教の刷り込みを受けてしまうのは、許されることなのだろうか。

政治の場では、創価学会が支持母体の公明党が与党となって、政治に強い影響力を持っている。
市議会では幸福の科学が支持母体の幸福実現党候補が当選。
先の参院選では、カルト宗教とされている親鸞会の現役信者を野党が統一候補として推薦した問題もあった。
日本会議のような宗教団体の流れのある政治に影響を及ぼそうとする団体もあるし、政治家が靖国天理教の教会に参拝することもある。
まあ、国民の中に信者がいる以上、議員が宗教の影響を受けているのは自然なことなのかもしれない。

しかし、宗教の教義には受け入れがたいものもある。
特定宗教を信仰している人だって、自分が信仰している宗教以外の教義を見たら受け入れられないものもあるだろう。
これは宗教に限った話ではなく、「鬼十則」なんかは受け入れられない人も多いはず。
宗教や会社は気に入らなければ辞めればいいが、国の政治がそういった教義の影響を受けてしまうと、国民を辞めるのはハードルが高い。

教育の場では、育鵬社の公民の教科書にサムシング・グレートが記載された事件があった。
サムシング・グレートはID説の一種で、「生命は偉大な存在(サムシング・グレート)によってデザインされたのだ」っていう荒唐無稽な説。
百歩譲って宗教の授業でやるなら理解できるんだけど、神ではなくサムシング・グレートと呼んでいることが重要で、宗教じゃなくて科学だと主張している。
しかし、この説の提唱者の村上和雄天理教の信者で、自著の中でサムシング・グレート天理教の「親神様」であることを認めている。

教育の場でいうと、これは子どもの信仰の自由にも関わる問題だが、宗教系私立学校ではこれから判断力が育もうという子どもに信仰を刷り込んでしまうという面がある。
宗教系私立学校を今すぐなくせというのは非現実的だが、やはり過度な刷り込みが行われないか監視が必要だろう。

こんなふうに、日本でも宗教問題はある。
しかし、公明党は表向きは宗教色を控えてるし、サムシング・グレートの教科書記載も騒ぎを起こすことなく行われてしまったので、無神論者による大きな反発はあまりなかった。
そして大きな騒ぎにならないのは監視したり抗議するような団体がないからというような面もあるのではないかと思う。
そう考えると、日本にも無神論者グループが必要だ。

というわけで、ふかち会に会員登録してみませんか?
運営に協力してくれるボランティアの方も募集します。
宗教問題に関する知識が豊富な方の協力が必要です。

働くのに向いていない人間はどう生きていけばいいんだろう

Twitterから記事を見に来た人は既にご存知だと思いますが、先月仕事を辞めました。

元々、異動を言い渡されたときから、やっていけそうにないとは思っていましたが、やっぱりというか、なんというか……。

7月に移動した後、1ヶ月ほどで出社時に吐気が止まらないようになり、鬱病の診断書が出て休職。

一ヶ月後、

「本社に配属戻してください(この仕事長続きする気はしないけどな)」 と上司に話したところ、

「一生働くという覚悟が欲しい」

などと頭の中を勝手に覗かれ、そんなのは無理なので退職しました。

一年半しか付き合ってない人に一生の関係を約束させるって、どこの面倒な女なんですか。

 

というわけで、仕事を辞めて実家に帰ってきました。

生活コストも下がり、手当も出るので、直ちに働かなくてはいけない状況ではないのが現状です。

本を読んだり、小説を書いたり、Wii fit Uでヨガマスターになったりする毎日です。

ペロペロキャンディおいしい。

 

さて、私も退職直後はハローワークに通ったりしていたのですが、求人を見れば見るほど労働意欲がなくなってきました。

プログラマの求人は山ほどあるのですが、もうプログラムなんて書きたくない。

PCインストラクターは転職会議で調べたらブラック企業だった。

CADオペレーターは週休100日切ってる。

ハローワークにはろくな求人がないっていうのは本当でした。

 

じゃあ転職エージェントを活用しようということでリクルートエージェントの人と会ってきました。

すると、すごい前のめりでSEの求人紹介されました。

たしかによさそうな求人ばかりだったけど、SEなんてもういいですから。

魔法少女なんてもういいですから。 [Blu-ray]

魔法少女なんてもういいですから。 [Blu-ray]

 

 

ぶっちゃけ、私はもう働きたくないんだと思うんですよ。

というか、働くことに向いていない、入社一年目から感じてた。

 

このツイートにあるとおり、去年くらいから自分は結構精神的に追い込まれていて、ちょうどこのツイートをしたくらいの時期に心療内科通いをはじめました。

このツイートを分解すると、

今の仕事は向いていない→事実

どんな仕事なら向いているのかはわからない→事実

仕事以外で収入も得られない→とりあえずしばらくは手当出るから死なないよ!

生きることに向いていない→妄想

仕事で精神的に追い詰められた人間って、なぜかみんな揃いも揃って「生きてることに向いていない」って言うことに最近気づきました。

 

「生きてることに向いていない」って人には今の仕事で追い詰められてるだけで、転職すれば解決する人もいるとは思いますが、私みたいに他の仕事もどうせ無理って人もいるはず。

だって私の前職わりとホワイト企業だったし。

残業することもあったけど、一番残業してた月でも20時間程度だったと思う。

人間関係も本社は悪くなかった。それなのに心療内科GOしちゃった。

 

とりあえず、これからの生き方はこの記事みたいなのがいいんじゃないかと思ってる。

news.mynavi.jp

 

週2日バイトして、あとは生活費削って生きる。

これが身の丈にあった生き方なんじゃないかと、それまでに小説で月1万くらい稼げるようになってたら嬉しいけど、厳しいだろうなぁ。

来月中には小説書き上げて、来月か再来月にはKDPで出版したいと思ってます。

出版できたら、ぜひ買ってください。

よろしくお願いします。

【読了】「戦後経済史は嘘ばかり (PHP新書) 」 髙橋 洋一

読みたいな~早くKindle化してくれないかな~と何度もKindle化リクエストを出していた「戦後経済史は嘘ばかり」が、Kindle化されたので早速一気に読みました。
次はオキナワ論Kindle化してください! 何でもしますから!

内容は高橋洋一氏らしい切れ味鋭い文章で、巷で信じられている戦後経済史の常識をひっくり返していくもの。
「戦後の政府主導の産業政策は産業拡大には大して効果がなかった」
「プラザ合意以降アメリカの圧力で政府が円高誘導していたわけではなく、プラザ合意以前は円安誘導をしていただけ」
「バブル期は経済成長率もインフレ率も安定していて、異常に高騰していたのは資産価値のみ」

など、本書で初めて知ることが多くあり、最後までわくわくしながら読むことができました。

同じ著者の「世界のニュースがわかる! 図解地政学入門」は正直退屈な内容でしたが、こちらは間違いなく良書でした。

「迷った時は高い方を買う」は正しい戦略なのか

「迷った時は高い方を買うといいんだよ」と言う人が稀によくいる(?)のですが、これを言っている人たちは本当にこの言葉の意味を理解しているのかということに疑問を感じたのでこの記事を書きます。

まずこの言葉の意味を考えます。
「迷った時は高い方を買うといい」という言葉だけを見ると、これは「迷った時に安い方を選ぶより高い方を買う方が合理的」という意味のように思えますが、もし本当にそうならこの言葉は間違いです。
なぜなら、選択肢の中からどれを選ぶか、なかなか決められないほど迷う状況なら、どちらを選んだら最終的な効用(経済学的な幸福度)が高くなるかはわからないからです。

たとえば、あなたはカレー屋さんで1000円のカレーライスと1200円のエビフライカレーのどちらを選ぶか悩んでいたとします。
カレーライスを選べば効用は100、エビフライカレーを選べば効用は120になるとします。
ここで頭が硬い人はエビフライカレーを選んだ方が効用が大きくなるので、「高い方を選ぶ」が合理的だと思ってしまうのでしょう。

でもそんなに問題が単純ならそもそも悩んだりしませんよね。
あなたがカレー屋さんで悩んだ時、あなたは差額の200円で買うものを意識しています。
つまり比較しているのは100の効用と120の効用ではなく、[カレーライス(値段1000円:効用100)]+[商品X(値段200円:効用Y)か[エビフライカレー(値段1200円:効用120)]かだということです。
※実際はもっと大きな買い物の足しにする場合もありますし、逆に商品Xが複数のもっと小さな商品の構成されている場合もあります。

商品Xの効用Yが20以上ならカレー屋さんではカレーライスを選んだ方が合理的、その逆ならエビフライカレーを選ぶ方が合理的になります。
商品Xの効用Yが20以上か20未満かはケースバイケースなので、高い方を選ぶほうがいいと決めつけることはできません。

じゃあ「迷った時は高い方を買う」が完全に間違いかというと、そうとも言い切れません。
どちらを選んだほうが得とも言えないということは、どっちでもいいということです。
どっちでもいい選択に悩んでは、無駄な時間と労力をかけてしまいます。
それならば初めから買い物で迷った時用のルールを決めて、迷った時は機械的に決めてしまうのが合理的だと考えられます。

つまりこの戦略の目的はあくまで「どっちでもいい選択にかけるコストを減らす」ことであって、ルールの中身自体は「迷った時は安い方を買う」でも「迷った時は商品名が長い方を買う」でもいいのです。
それを「高い方を買うのが合理的」と考えてしまうのは、手段の目的化です。

住信SBIネット銀行の便利な自動化サービスで面倒なお金のやり取りを自動化する

私は住信SBIネット銀行をメインバンクにしているのですが、その理由は「定額自動入金」と「定額自動振込」が便利だからです。

「定額自動入金」は他行の自分名義の口座から定期的に定額を取り寄せることができるサービスです。
たとえば給与の振込口座がメインバンクとは異なる人の場合、普通は毎月面倒な手続きをしてメインバンクに送金することになります。
しかし住信SBIネット銀行の「定額自動入金」を使えば、手数料無料かつ最初の登録時に少し手間がかかるだけで、あとは毎月自動的に給与振込口座から住信SBIネット銀行に生活費を振込ことができます。

「定額自動振込」は都市銀行でも珍しくない機能だと思いますが、住信SBIネット銀行から他行への振込を自動化できるサービスです。
ただ、都市銀行でこのサービスを利用した場合、振込の度に手数料がかかるのが普通。
では住信SBIネット銀行の場合どうかというと、住信SBIネット銀行は1ヶ月に3回まで振込手数料が無料なので、この「定額自動振込」もその範囲内で手数料無料で使えます。

私がこれらをどう活用しているかというと、
まず「定額自動入金」で都市銀行にある給与振込口座から手取りを全額取り寄せ、「定額自動振込」を使用して奨学金返還用の口座に返還額を毎月振込……という具合です。

ちなみに、これは住信SBIネット銀行のサービスではありませんが、楽天証券の積立投信サービスを使って、住信SBIネット銀行から自動で積立投資もしています。 楽天証券の積立投信サービスももちろん手数料は無料。

これだけ便利だと住んでいるところが都会だろうと田舎だろうと、都市銀行よりネットバンクを使うほうが賢いと思うんですよねぇ。