読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

働くのに向いていない人間はどう生きていけばいいんだろう

Twitterから記事を見に来た人は既にご存知だと思いますが、先月仕事を辞めました。

元々、異動を言い渡されたときから、やっていけそうにないとは思っていましたが、やっぱりというか、なんというか……。

7月に移動した後、1ヶ月ほどで出社時に吐気が止まらないようになり、鬱病の診断書が出て休職。

一ヶ月後、

「本社に配属戻してください(この仕事長続きする気はしないけどな)」 と上司に話したところ、

「一生働くという覚悟が欲しい」

などと頭の中を勝手に覗かれ、そんなのは無理なので退職しました。

一年半しか付き合ってない人に一生の関係を約束させるって、どこの面倒な女なんですか。

 

というわけで、仕事を辞めて実家に帰ってきました。

生活コストも下がり、手当も出るので、直ちに働かなくてはいけない状況ではないのが現状です。

本を読んだり、小説を書いたり、Wii fit Uでヨガマスターになったりする毎日です。

ペロペロキャンディおいしい。

 

さて、私も退職直後はハローワークに通ったりしていたのですが、求人を見れば見るほど労働意欲がなくなってきました。

プログラマの求人は山ほどあるのですが、もうプログラムなんて書きたくない。

PCインストラクターは転職会議で調べたらブラック企業だった。

CADオペレーターは週休100日切ってる。

ハローワークにはろくな求人がないっていうのは本当でした。

 

じゃあ転職エージェントを活用しようということでリクルートエージェントの人と会ってきました。

すると、すごい前のめりでSEの求人紹介されました。

たしかによさそうな求人ばかりだったけど、SEなんてもういいですから。

魔法少女なんてもういいですから。 [Blu-ray]

魔法少女なんてもういいですから。 [Blu-ray]

 

 

ぶっちゃけ、私はもう働きたくないんだと思うんですよ。

というか、働くことに向いていない、入社一年目から感じてた。

 

このツイートにあるとおり、去年くらいから自分は結構精神的に追い込まれていて、ちょうどこのツイートをしたくらいの時期に心療内科通いをはじめました。

このツイートを分解すると、

今の仕事は向いていない→事実

どんな仕事なら向いているのかはわからない→事実

仕事以外で収入も得られない→とりあえずしばらくは手当出るから死なないよ!

生きることに向いていない→妄想

仕事で精神的に追い詰められた人間って、なぜかみんな揃いも揃って「生きてることに向いていない」って言うことに最近気づきました。

 

「生きてることに向いていない」って人には今の仕事で追い詰められてるだけで、転職すれば解決する人もいるとは思いますが、私みたいに他の仕事もどうせ無理って人もいるはず。

だって私の前職わりとホワイト企業だったし。

残業することもあったけど、一番残業してた月でも20時間程度だったと思う。

人間関係も本社は悪くなかった。それなのに心療内科GOしちゃった。

 

とりあえず、これからの生き方はこの記事みたいなのがいいんじゃないかと思ってる。

news.mynavi.jp

 

週2日バイトして、あとは生活費削って生きる。

これが身の丈にあった生き方なんじゃないかと、それまでに小説で月1万くらい稼げるようになってたら嬉しいけど、厳しいだろうなぁ。

来月中には小説書き上げて、来月か再来月にはKDPで出版したいと思ってます。

出版できたら、ぜひ買ってください。

よろしくお願いします。